アンティークコインとは

 趣味にもなる資産運用のツール

アンティークコインとは、一般的に100年以上前に発行されたコイン(金貨・銀貨など)を指し、
現在全世界に20万種類ほど存在すると言われております。

その中でも、200~300種類のコインにはとても高い価値がついており、
デザインや歴史的背景など様々な面から多くの人を魅了し続けており、
世界中に熱狂的なコレクターが存在しています。

このアンティークコインが、世界の富裕層の間で今、資産運用のツールとして秘かに注目されているのです。
 

アンティークコインでの資産運用は
「富裕層の常識」です

いま世界の富裕層に選ばれているのは、アンティークコインなのです。

世界の総資産の50%以上が、総人口の1%以下の人によって保有されていることをご存知ですか?

社会格差、金融不安…政治経済が混沌としている今、求められているのは、安全かつ利益率の高い資産運用手段です。

それは投資の王道、株式でしょうか?ハイリターンが魅力のFXでしょうか?
それとも2020年を見据えた不動産投資でしょうか?

実は、日本では馴染みの浅いこのアンティークコインが、欧米を中心とした富裕層の間では、資産運用の手段として常識となっているのです。

減ることはあっても、
増えることはない。

一般的に100年以上前に発行された通貨・メダルをアンティークコインと呼びますが、

こういったコインは国王の即位や、何かの記念を祝して限定発行されることがほとんどです。

そのため、一度過去に作られたものは、基本的には二度と鋳造されないため、数が増えることはありません。


一方で、年月を経るごとに紛失や災害などで、その数は徐々に減っていくため

価値あるコインは、その希少価値を増していくのです。

 

希少性が高いため、需要と供給の関係性から、
価値が向上していく

世界中の富裕層コレクターが欲しがる名品コインほど、当時の発行枚数が少なかったり、現存する枚数や市場での流通枚数が少なかったりします。

また希少なコインを保有しているコレクターも、現金や他の資産を必要としていない(信用していない)ため、どんなにお金を積んでも手に入らない、もしくは行方も分からないものがほとんどです。

そのため、希少価値の高いコインがひとたび市場に出ると、需要と供給の関係から、その取引価格は前回出現時よりも跳ね上がり、何倍もの価格(価値)で取り引きされることがざらにあります。

この希少価値の高さにより、需要に対し供給があまりにも少なくなるため、高いデザイン性や歴史性を誇るコインは、年平均で125%を超えるような価値上昇を続けているのです。

国内での市場が広がっている今、
先々の値上がりが期待でき、趣味にもなる資産運用について、より知ってみたくはありませんか?


 

詳しくは、
下記までお問い合わせください。

TEL:0120-773-101TEL:0120-773-101
〒104-0061
東京都中央区銀座5−8−5 ニューギンザビル10号館 5F

お問い合わせフォーム

来店予約する