アンティークコイン

アンティークコインの販売

HOME ユニバーサルコインについて 会社情報 銀座店 情報・予約 ブログ
全商品一覧 会員登録 会員ログイン・購入履歴確認 資料請求 お問い合わせ

rss

アンティークコインによる投資運用




アンティークコインには、二つの要素がございます。
hozentousibanner

本ページでは、「投資」的要素を中心に、ご紹介致します。

 





 

世界の富の50%を保有する1%の方が運用する“アンティークコイン”



本ページでは、その中から特に近年伸びている注目のコイン、またこれから火がつきそうな注目のコインをご紹介致します。
これらは、我々コインを取り扱うディーラー“プロ”が自ら保有するものであり、自信をもってお勧めできるコインとなります。ただし、勿論常にあるものではございません。当社ではお客様とコインの出会いを引き寄せる努力をさせて頂きつつ、最適なコインをご紹介させて頂きますので、どうぞお問い合わせ頂ければ幸いです。
 
さて、本題でございますが、まず、“アンティークコイン”全体の伸びについて下記グラフをご覧頂きたいと思います。

chart

こちらは、イギリスナイトフランク社が毎年発表する高額投資番付とも言うべきものです。
世界の投資家達を震撼させたあのリーマンショック時にもその価値を下げることのなかった、最強の現物資産として注目されています。ここには、クラシックカー、ワイン等々他の資産保全として注目されているものの中で、このアンティークコインが位置づけされています。そしてこのアンティークコインは他の資産と比較して、保管に関する費用、税金が0。そして海外コインであれば海外資産であるということ。また、とにかく希少性が高く、世界中の富裕層が保有する資産である為に、値崩れしないのもうなずけると思います。

ただし、コインは20万種類あると言われており、
どんなコインでも値崩れしない訳ではありません。
どんなコインでも値上がりする訳ではありません。

・・・当たり前のことではありますが、どんなものにもその“コツ”というものがあります。

こちらではその“運用のコツ”を公開いたします。



 

運用のコツ



まずは、基本中の基本
コインの価値(=価格)は下記3つで決定されます。

・希少性

・グレード

・人気


希少性⇒まずは発行枚数の少なさがポイントです。ただし、発行枚数だけでは本当の意味での希少性は分かりません。流通枚数です。物によっては、発行から現在に至るまでに溶解されてしまったというコインもあれば、発行枚数と記載されているものは“上限発行枚数”で実際の発行枚数ではないというものもございます。本当の希少性とは、我々ディーラーが世界中の情報から得られる市場に出る頻度です。

グレード⇒勿論綺麗な状態の物の方が価値は高い。ただし、美しくとも、それは人に手によって加工、綺麗にされたものになると価値は1/10ともなり得ます。グローバル基準による鑑定会社(PCGS,NGC社)によって数値が付いたものこそが本物の資産価値として高いものとなり得ます。

人気⇒国内外の人気によって、その価値は大きく異なります。ここは人間の心理が大きく働くことから、株の運用とも似ている部分はありますが、株と違うところは、物の供給が極端に限られている為、値下がりする可能性が非常に少ないということです。





 

具体的な値上がり実績 & 今後の予測


まずは、コイン収集家の憧れの的 世界で一番美しい金貨“ウナとライオン”

★英国 1839年 ヴィクトリア ウナとライオン 5ポンドプルーフ金貨 発行枚数400枚


 

unaneagari


まさにうなぎ上りとはこのこと。
世界一美しい金貨として、また発行枚数400枚という希少性が、市場に出てくる度にレコード続出の金貨である。
 
このウナとライオン金貨を含む、ヨーロッパでの過去5年間の約50コインの値上がり実績をグラフ化したものがこちらです。



 

neagarireport


こちらは、ヨーロッパの代表的な金貨銀貨の過去5年間の海外オークションでの実績を下記5つに分類してグラフにしたものになります。
A:5年前約100万円だったコイン
B:5年前約200万円だったコイン
C:5年前約300万円だったコイン
D:5年前約500万円だったコイン
E:5年前約1000万円だったコイン
 
ここで言えることは、お安いものにはお安い理由がある高いものには高い理由があるということです。
このデータは、実際のデータから抽出した実績ですが、勿論あくまで平均です。よって、100万円だったものが2倍なったものもあれば、1000万円のものが変わっていないということもあります。
ただ、実際平均値を取るとこのようなグラフとなり、その原理原則を読み取ると当然といえば当然です。
それは、アンティークコインという性質の、「減ることはあっても増えることは無い」という需要と供給の関係性に寄るものだからです。
また、数百年前に鋳造され、記念コインとして貴族階級の方々しか見ることも出来なかった国宝のようなコイン=金貨銀貨です。その“本物”だからこそ、工業製品のように大量生産されることは無く、また国のさじ加減によっていくらでも増刷できる紙幣のような“お金”ではないということです。
この本質が、世界中の富裕層が資産保全に、コレクションになさるのも、うなずけるかと思います。

 



さて、ここまでは理解した!
ただし、さすがに、4000万円は予算外である。という方に、下記をご覧頂きたいと思います。






 

投資用金貨としての絶対的お勧めの ”英国5ポンドプルーフ金貨”
 


こちらでは、注目コインの中から、比較的出現回数の多い(=データとして取りやすい)コインの海外オークションの実績をまとめたものをご紹介いたします。

★英国 1937年 ジョージ6世 5£プルーフ金貨 発行枚数5500枚
19375PPR67DCAM-3-5 

1937data!

2013年まで、このコインはいわゆる“モダンコイン”として位置づけされていたが、そこから“アンティークコイン”としての仲間入りを果たし、その後コインの美しさ、ジョージ6世の人柄もあり、人気は留まることを知らない状態。






★英国 1911年 ジョージ5世 5£プルーフ金貨 発行枚数2,812枚
 

1911data!

 

他コインも多数このような値上がりをしているものはございます。
ただし、公の場に出現する回数が少なすぎる為に、こうしたデータが取れるものがなかなか無いのも事実でございます。
これらは、個別ご相談等でお伝えさせて頂きます。






また、ここまで見てくると、これら5£プルーフ金貨はどこまで値上がりをするのか?という疑問に駆られます。
その答えは、下記をご参照ください。



 

アメリカコインとの比較






hikakubanner

何故、アメリカ人投資家が英国金貨、ヨーロッパ金貨、銀貨を狙っているか!?その理由がお分かり頂けたかと思います。




実際のお客様の運用例


ここには驚愕の事実がございます。

A2


B2


C3



あまりの利回りに、詳細はセミナーで開示しております。 

ただし、どのコインも値上がりするわけではありません。当然リスクもあります。
そうした失敗事例、値上がりの最も期待できるコインのご紹介はセミナーで!

アンティークコイン セミナー


勿論、銀座店で個別のご相談も承っております。
⇒ご予約はこちら  銀座店予約はこちらから



もう少し、深く知りたい!方は無料冊子をお配りしております。

⇒資料請求はこちら
sassi




Unyoubanner
↑↑↑ クリック ↑↑↑