保全としてのアンティークコイン

資産保全に向いている
3つの理由

1. コンパクト
故の携帯性

  • 資産をコンパクトに

1億円の札束や金の延べ棒をポケットに入れて持ち運べますか?アンティークコインなら、世界中どこへでもすぐに持ち運べます。

2. 実物資産故の
安心性

  • 実物資産の強み

株券のような紙切れでも、バーチャルな電子決済でもありません。コインは歴史ある実物資産。その揺るぎない確かさは大きな強みです。

3. 税制面での
優位性

  • 税対策にも

皆様が密かに期待なさっているのは、この点ではないでしょうか。ここで具体的なことは語れませんので、ぜひお問い合わせください。

投資および保全に向いている
2つの根拠

1. 震災時事例のエピソード

弊社のお客様のお一人に東日本大震災に見舞われた方がいらっしゃいました。当時、とっさの判断で持ち出すことができた資産は、ポケットに入るサイズのアンティークコインのみでした。しかしながら、資産価値の高い一枚をお持ちだったため、そのコインで新たなスタートを切ることができたとご連絡いただきました。このように現物資産の中で、最もリスクの少ない資産と言っても過言ではないでしょう。

2. 精神衛生上のエピソード

資産投資および保全の代表的な商材と言えば、皆様は何を思い浮かべますでしょうか。恐らく「株・不動産・FX」、現在では「ビットコイン(仮想通貨)」などを想像なさったかと思います。しかしながら、ほとんどの商材は専門的な知識が必要で、尚且つ日々の市場動向を把握していなければなりません。このような毎日精神的なご負担は、衛生上良いことはございません。もう少し気長に投資保全してみてはいかがでしょうか。

詳しくは、
下記までお問い合わせください。

TEL:0120-773-101TEL:0120-773-101
〒104-0061
東京都中央区銀座5−8−5 ニューギンザビル10号館 6F

お問い合わせはこちら

資料請求

ますは、ご来店予約する

保全コインの代表事例2選!

1. 紀元前7世紀、世界で最初に使用された貨幣

古代ギリシャ 紀元前7世紀頃 リディア王国金貨
古代ギリシャ 紀元前7世紀頃 リディア王国金貨

紀元前7世紀、世界で最初に使用された貨幣。金と銀の合金で作られ、その形や色合いが琥珀と似ていることから古代ギリシャ語で琥珀の意味を持つ「エレクトロン」と呼ばれるようになりました。また、琥珀を摩擦すると静電気が発生することから電気の源を「electronics」と呼ぶようになり、21世紀の現代においては「e-money」(電子マネー)と語源が共通することは大変興味深い話ではないでしょうか。

2. 軍事的天才、英雄アレキサンダー王のコイン

英国5ポンドプルーフ金貨
スターテル金貨

誰もが一度は目にしたことがあるカードゲームの定番トランプ。その中で最も大きい数を表す絵札のキングに描かれているのがアレクサンダーです。彼は生前、このような言葉を残しています。「私が死んだら、棺の肩の部分をくり貫き、そこから両手を出し、それを自分が統治した全臣民に見せて欲しい。なぜなら、私は全世界を治めたけれど、死ぬ時はその手には何も持ってはいない。」これはつまり、「生前の栄耀栄華は泡沫であり物に拘るな。」と言うメッセージを民衆に伝えたかったと言われております。