価格帯から探す

年代から探す

国から探す

シリーズから探す

素材から探す


HOME»  1839年 イギリス ヴィクトリア女王即位記念”ウナとライオン” 5ポンド金貨

1839年 イギリス ヴィクトリア女王即位記念 
”ウナとライオン” 5ポンド金貨 
1839 Great Britain Queen Victoria
"Una&Lion" 5£ Gold Coin

 

この美しい金貨はいったい何!?

1839!
世界で一番美しいと言われる「ヴィクトリア “ウナとライオン” 5ポンドプルーフ金貨」

世界の人類史にて最も平和であった“パックスブリタニア”と呼ばれる時代、その強き大英帝国を築いた若き、そして美しき女王「ヴィクトリア」が18歳で即位した1837年から2年後の1839年にたった400枚だけ発行された即位記念金貨セットの中で、最大の大きさを誇る5£金貨である。

 
*地図は20世紀前半の大英帝国

1822年に始まったポンド基軸通貨制(金本位制)を物語るように、まさに19世紀は名実ともに世界の支配者であったと言える大英帝国。そしてその国を率いたのが、若き、美しき、そして強き、ヴィクトリアであった。

その美しさ、強さを物語るように、
表面には、顔の表情が最も美しいと言われる肖像画
裏面には、イギリスの擬人「ウナ」と、イギリス各国の中で強さの象徴とされる「ライオン」が描かれ、ウナ=ヴィクトリア、ライオン=イギリスとして、強きライオン=イギリスを、若きヴィクトリアが指し示す方向へ!と導いている姿を描いている。

「DIRIDGE DEUS GRESSUSMEOS」
ラテン語で、我が君主が進むべき道を示すであろう と意味する。
 
これをデザインしたのが、世界一のデザイナーと言われる『ウィリアム・ワイオン』であり、世界一の大英帝国で世界一のデザイナーが、世界一美しい金貨をデザインしたと言われている。

※ウィリアム・ワイオンは1828年~1851年の間、イギリス王立造幣局の主任を務めており、彼のデザインしたコイン、メダルは他のものと一線を画した美しさがあり、世界中で人気が高い。

再入荷した際にご案内いたします

再入荷通知申請

その価値とは!?




その歴史、ストーリーから、繁栄の象徴=成功の象徴として、元々保有していたイギリスの貴族層から、現在は資産家、知識層の手に渡っており、その価値を上げ続けている。

その結果が、下記の価格である。

※未使用(PR63相当)レベル
2018年:5000~6000万円
2017年:4000~5000万円
2016年:3000~4000万円
2015年:3000~4000万円
2014年:2000万円相当
2013年:1000万円相当
2012年:700-800万円相当
2011年:400-500万円相当
※グレードによって大きく価格は異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

2020年代には1億円とも言われてきたが、2015年9月末にロンドンで行われたオークションでは、このウナライオンを含むフルセット(世界最高鑑定)が遂に1億円を突破した。

2015年11月上旬に”なんでも鑑定団”で放送された同セットも3500万円という評価額であったが、今後まだまだその人気と価格上昇は留まることを知らないであろう。

世界中の富裕層が欲しがる、家宝とするべき1枚の“ウナとライオン”金貨。

 

再入荷した際にご案内いたします

再入荷通知申請

その入手方法とは!?




世界にMAXでも400枚しか存在していない金貨。

そう簡単に入手できるものではありません。

とは言いつつも当社では既に10枚以上のウナとライオン金貨を入手、ご提供しており、近年では世界で最も販売している販売業者として知名度も上げて参りました。そうした業界の知名度から、世界中で売りに出るコインは必ずといって良いほど当社に情報が入るようになって参りました。

それでも、常に在庫があるわけではなく、年に数枚程度です。
ですので、ご興味がある方には、事前に御連絡を頂戴し、当社で入手ができた際にお声がけをさせて頂いております。


こちらからお問い合わせください。
 
“コインと人”は、“人と人”と同じでまさに一期一会。そのタイミングも非常に重要です。
家宝となるべく一枚をお探しの方は、事前にご連絡を頂戴できれば幸いです。


こちらからお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

TEL:0120-773-101
〒104-0061
東京都中央区銀座5−8−5 ニューギンザビル10号館 5F

お問い合わせフォーム

まずは 資料請求

ご来店予約する